蓼科高原  オーベルジュ  


by charet_grindel
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

夢の中へ・・ 

d0109415_232242.jpg

グリンデルに見えるお客様は何故か素敵な方ばかり・・・
実際にグリンデルのテラスで撮影したものです。
周囲のグリーンが素敵なのが解って頂けるでしょうか・・・
勿論モデルになってくださったお客様があまりにも素敵でした。

今回は東京都在住のK様

見るからに女優さんかモデルさんのような素敵な奥様をお連れの都会的な
雰囲気の旦那様で しかも 食事に関してのセンスも抜群でした。

※ グリンデルはフランスの田舎料理・家庭料理をメインに独自のオリジナルの
  スタイルを加え全体を構成してます。


1日目のメニューは

前菜(オードブル) 
人参のムース(オリジナル)  
自家製の(田舎風パテ)テリーヌとビネグレットソースのサラダ

スープ: 
コーンスープ(オリジナル)

メイン:
ひらめのフィレ デュクレレ風 
SUPREME DE BARBUE DUGLERE  

仔羊のナバラン ブランタニュ風
ナバラン・ダニョ
NAVARIN D’AGNEAU

スイーツ:
ガトーショコラ  
白い薔薇の花のパンナコッタと桃のシロワイン煮のクラッシュゼリー


2日目

前菜(オードブル):
ズッキーニとトマトのガトー仕立て
ガトー・ド・クルジェット・エ・トマト
GATEAU DE COURGETTES ET TOMATES

自家製の(田舎風パテ)テリーヌとビネグレットソースのサラダ
テリーヌ・ド・カンパーニュ
TERRUNE DE CAMPAGNE

スープ:
野菜スープ

メイン
平目のパピヨット
テュルボ・アン・パピヨット
TURBOT EN PAPILLLOTE

豚あばら肉のポワレ シャルキュティエール風ソース
COTES DE PORC POELEES SAUCE CHARCURTERE

ウフ・ア・ラ・ネージュ
CEUFS A LA NEIGE

洋なしの赤ワイン煮
ポワール・オ・ヴァン・ルージュ
POIRES AU VIN ROUGE

以上です。

K様は
どれも丁寧に召し上がられ、一つ一つ丁寧にコメントをくださいました。

その中で 私が一番心に残った 言葉があります。

ウフ・ア・ラ・ネージュ
CEUFS A LA NEIGE をお出しして間もなくのことでした。

K様は 夢の中か絵本の中にいるみたいですねとしっかり私の方を向いて
コメント下さいました。 私はその瞬間、食するものが 何であるかとその人の感性で
どんな世界へでも行ける可能性があることが理解出来たような気持ちになりました。

実際このウフ・ア・ラ・ネージュは作る私にとりましても夢心地でお出しできる
素敵なフランスのデザート菓子のトップに上げてもいいと思っているのです。


上の画像はお客様にテラスでアップルパイとゴデバのコーヒを召し上がって
頂いているところです。
硝子越しに見ているようにフィルターを掛け画像処理をしてます。

※テーブルクロスはピエール・ドゥ フレンチカントリーで購入したものです。
[PR]
Commented by ひろみ at 2007-10-04 13:08 x
グリンデルさん、こんにちは~!
ウフ・ア・ラ・ネージュ、私も大好きです!
シンプルだけど、卵白をキレイにゆでる(焼く方法もあるけど・・・)が難しい・・・(私にとっては・・・(笑))
まさに、ふわっとして美味しい、夢心地のデザートですよね~!
それを分かってくれる方がいるというのがまた、嬉しいですね。

ところで、ピエール・ドゥ フレンチカントリーって、以前恵比寿にありませんでしたか?
代官山のコルドン・ブルーの帰りに寄ったことがあります。
全然気取っていなくて、それでいてステキなフランスの家庭を思わせる店内でした。

グリンデルさんのデザートを見ると、ものすごくきれいで、しかもあったかい「温度」を感じます(*^_^*)
Commented by charet_grindel at 2007-10-05 08:52
ひろみ先生!!笑~♪
ひろみさんも好きなんですね!!ウフ・ア・ラ・ネージュを~
綺麗に茹でるのって難しいですね 笑~
学校ではエシャロット型で焼いて下さいましたが・・
共感して下さる方がいて嬉しいですよ

ピエール・ドゥ フレンチカントリーは まだ 行った事無いんですよ爆!
クロスはインターネットと電話で話ながら仕入れたんですよ
そろそろ 東京さ 行くべか などと 思っているところです。

私はひろみさんのブログのお菓子が大好きで(トップページの猪?)
なんだかいつもジロジロと見てしまいます・爆
ほっ~~てするんですよ あの写真は・・ 




Commented by yuyus at 2007-10-06 00:15 x
私の駄菓子屋さんみたいなブログにお越しいただき、誠にありがとうございます。
ペンションを経営されているそうですね。大変なお仕事で、お察し申し上げます。
これだけのフランス料理をお出しになれるのは、大変素晴らしい事ですね。シェフは、ご自身でされておられるのでしょうか?
パティシェもなさっておられるのでしょうか?
質問ばかりですみません・・・・
元ホテルマンなので、すごく興味を持ちました。
第二の人生をプチホテルかペンションをしようかと思いましたが、
理想を追求しているうちに違う世界に入り込んでしまいました。
おもてなしの心は、マニュアルでは学べない奥深いものがありますね。
お互い笑顔を忘れずに、お客様を心地よい世界へお連れしましょうね。
僕らは、いつも案内人です・・・・
蓼科をどれだけ愛しているかも、アピールしなければならないと感じます。
Commented by charet_grindel at 2007-10-08 19:39
yuyusさん
ご訪問頂き、ありがとうございます
又ご専門の方にご覧頂き、とても嬉しく思います。

お察しの通り、お料理もお菓子も私がお作りさせて頂いておりますが
夫の支えが必須となっております。爆笑~

yuyusさんがおっしゃいますように、笑顔をわすれず 共に
心地よい世界へ・・・ そして 蓼科をもっとアピールして
行きたいと思います。

本日は丁寧に書き込みを頂きこころからお礼を申し上げます・・
本当にありがとうございました。
Commented by yuyus at 2007-10-09 11:27 x
いや~
驚きました!!
本当に好きでないと出来ないですね(^_-)-☆
旦那さんの役目も重要ですね。
夫婦が同じ職場で色々あるかも知れませんが
これからも仲良くね(^^♪
テーブル・アレンジも興味と仕事で展示会と出店に
東京ドームへ行った事を思い出します。
これから、クリスマスバージョンを考える時期ですね。
デザインの方も頑張って下さい。
東京に住んで居た時は、
よく白樺高原にもいきましたので懐かしいです。
Commented by charet_grindel at 2007-10-09 23:15
驚かせてすみません☆
いや 驚いて頂いてありがとうございましたと言うべきでしょうか爆

夫と話し合いながら、時には衝突しながら・・爆爆~

テーブルコーディネーションにもご興味をお持ちだったんですね!!
じゃ~なんとなく 共に 喜びを分かち合う事も可能ですね!!

機会がれば 是非 再度 こちらの方へでもお出向きくださいませ
きっと 華やかな世界においでだった時を思い出して頂けると
思います。

昔をたどるのも・・癒やしに繋がると思います
by charet_grindel | 2007-09-25 23:51 | お客様の声 | Comments(6)