蓼科高原  オーベルジュ  


by charet_grindel
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2008年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

d0109415_14381178.jpg

皆様に支えて頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。
来年も宜しくお願い申し上げます。
[PR]
by charet_grindel | 2008-12-31 14:39 | お知らせ | Comments(2)
d0109415_911159.jpg

ついに冬本番!そんな感じです。

長野に移り住んで昨日26日でまる2年、いよいよ今日から3年目に入ります。
自然に囲まれ四季を感じる感覚が以前より豊かになった様です(笑)

うさちゃんの足跡を見つけては 可愛い~♪ なんて思い ルンルン パシャ!!
窓から差し込む陽差しをいっぱいに浴びながら きらきら 輝く白い雪を眺め

仲良くして頂いてるご近所さんより
メールが届きました。

♪ 高原のパテシエお嬢さん063.gifほろ苦オレンジケーキ
とても美味しかったワ♡ 幸せグー053.gifご馳走さまでした(^o^)


ブログー オーナー
いつもセンスのある文面で楽しく拝見させて頂いております。
パテシエお嬢さんのフレーズには流石の私も大笑いして
しまいました。037.gif 

でも そんな○○さんのお気づかいが嬉しくもあります
素敵な心配りのあるお人柄に心から感謝申し上げます。
[PR]
by charet_grindel | 2008-12-27 09:34 | 大自然 | Comments(0)
d0109415_22192294.jpg

東京在住 S様

クリスマス特別ディナーご予約頂きました

「・・だいぶ上達しましたね・・・」 
 
ホテルのお料理みたいね・・・



ブログオーナー

いつも感謝させて頂いておりますS様
本当に有り難うございます。

本日のお言葉を糧に精進させて頂きます
未熟な者ですが今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。
[PR]
by charet_grindel | 2008-12-24 22:29 | お客様の声 | Comments(0)
d0109415_18152072.jpg

フランスのお祝い・パティーの時にもてなされるお料理です。
フランス料理の独特の味の中に変わった香辛料を見つけました。
ねずの実という初めて聞く名前に目がパリクリ!!
しかし、香りは抜群!! 私の好みの香りに納得納得!!
皆さんもどうぞお試しくださいませ
ちなみにトゥルトの全容は↓の様な形です(↓の画像は見本です)笑~
d0109415_16162880.jpg


d0109415_1645137.jpg

クリスマスメニューについてお魚はお野菜を含んだ形に目をつけてみました。
これに専用のソースをかけて頂く訳ですが、マスタード味が効いたビネグレットソースに
きっと舌うちされる事でしょう・・・

あとデザートは

ティラミス・フレジェ・柿のジュレとクリームチーズでした。

当初の予定と随分メニューが変わり ゴージャスになっています
メインのトリュフ風味のチキン(鶏のロティー)は変わりませんので
ご安心くださいませ・・


愛知県 在住 W様 (ディーナーのリピーター様)

毎回毎回 何が出てくるのかとても楽しみにしてます。
今回、蕪のスープの上品な味とフレジェに注目・・・
又チキンのロティー(トリュフ風味)は胸肉もパサ付かずとても美味しく
頂きました。


静岡県在住 I様

以前からこちらのペンションの周囲の雰囲気が気に入ってました。
静かで とても落ち着きます・・ いいですね~♪
今年の8月に来て来年家族で行こうと思いましたが

クリスマスメニユーを見て急に行きたくなり来てみました。
来年は家族で来たいと思います。




ブログオーナーより

W様
毎度毎度、ディナーのご予約誠にありがとうございます。
出来るだけ同じメニューをお出ししたくないので
少しでもサプライズが有るようにと工夫させて頂いておりますが

まだまだ完全に至ってなくても、いつも応援して下さり
心からお礼を申し上げる次第でございます。
W様ご夫婦の笑顔がどれだけ私の支えになってくださってるか

筆舌に表せないくらいでございます。
これからも、なにとぞ宜しくお願い申し上げます。


I様

クリスマス特別ディナープラン をご利用賜り
誠に有り難うございます。

つれづれのお話の中で
蓼科高原のチェルトの森がどれほど素敵かと言う事を私に教えて頂き
あらためて、ここに住む値打ちを感じさせて頂きました。

移ろいでゆく時の流れをじっくりとかみしめながら 四季おりおりの美を
多くの方に伝えて行きたいと思います。

I様と再びあえます事を楽しみいたしております。
[PR]
by charet_grindel | 2008-12-21 16:28 | お客様の声 | Comments(0)
d0109415_19395023.jpg

田舎風となると天然酵母種を使いところですが、酸味が少し苦手な理由で
普通のイースト菌を使用いたしました。
粉は国産の無農薬のグラハム粉(小麦粉を殻ごと挽いたもの)を使用いたしました。
d0109415_22524563.jpg

パンの中にはラズベリーと胡桃をほどよくちりばめました。
チーズとワインには絶品です。(チーズを少しのオリーブオイルでマリネすると
トランス脂肪酸の悪玉コレストロールを善玉に変えてくれる役目があるとかで
オリーブオイルはかなり使用しております。

今回のオイルは
アルドイノ フルクトゥスEXVオリーブオイル
●750ml●イタリア製
d0109415_195851.jpg

商品の特徴 自然沈殿させた上澄みの透明オイルのみを使用。フルーティな味わいです。

ところで本日も好天に恵まれました
美しい槻の池をご覧下さい
d0109415_22401889.jpg

池の対岸からは南アルプスが見えます
d0109415_22411328.jpg

ふと川底を覗きますと大きな虹鱒が泳いでいるのが目に見えます。
池の氷も少し溶けているようです
d0109415_22415458.jpg

[PR]
by charet_grindel | 2008-12-16 19:58 | パン | Comments(2)
これまでフランス料理とケーキだけを手がけてきましたが
とてつもなくパンが焼きたくなりました。
昨日早速仕込みから窯入れ一気に焼き上げました。
これまでに何度もプルマンプレッドを焼いてもオーナーから合格はもらえませんでした。
今回は山型ですが、ポーリッシュ法「水種」仕込みで試してみました。
中の生地はもっちりして柔らかく腰があります
日にちが経ってもふわふわを保ってくれるようです。
しかしオーナーからの合格点は・・
d0109415_197365.jpg

今朝は昨日の天気から一転して爽やかな陽差しをいっぱい受けて
まぶしい日となりました。
d0109415_1974967.jpg

昨日の槻の池をUPしてみました。
さすがに八ヶ岳は隠れています。
d0109415_19103452.jpg

[PR]
by charet_grindel | 2008-12-15 19:01 | パン | Comments(0)
当に目が覚めるとこのモノトーンの世界でした
少し時雨たようなお天気です、粉雪が降り続けています。
d0109415_8571288.jpg

まだまだ観光客の一人のような気分です。
子供のように 「はしゃぐ」 気分です。
d0109415_911849.jpg

ここは外国ではなく日本です・・外気温-1度 積雪2㎝
[PR]
by charet_grindel | 2008-12-14 09:10 | 大自然 | Comments(0)
d0109415_15132994.jpg

諏訪湖のいちご園さんのご協力を頂きましてプランが出来ました。
入園料込みのプランですから前売り券のチケットを持って
いちご園に行くだけで時間がくるまでいちごを食べ放題出来ます!!

いちご園さんのご紹介させて頂きます

「諏訪湖いちご園」 大粒の甘~いイチゴ食べ放題!

 大粒の甘~いイチゴ食べ放題!! 開園期間は6月いっぱい、期間中は休みなしで営業しています。
 「諏訪湖いちご園」は、ハウス5棟に酸味が少なく甘味のある「あきひめ」と、酸味甘味とも強くビタミンCたっぷりの「さちのか」の2品種を約45,000本定植しています。「寒さ厳しい諏訪の地で育ったイチゴ、ほかでは味わえない美味しさ!」をぜひご堪能ください。当園で栽培するイチゴは管内の農協店舗・農産物直売所でも販売をしています。

と言うことで皆様からのご連絡をお待ちしております。
d0109415_1517941.jpg

[PR]
by charet_grindel | 2008-12-13 15:20 | お知らせ | Comments(0)
本物は職人の技術や心意気が伝わります
何時の時代にも欠かせないのは職人の純真な心意気。
眠った意識を呼び起こすように私に問いかけてくれます
d0109415_11105938.jpg

一番手前のお皿は古伊万里鳳凰木甲型でございます

手前から二つめのケーキが乗っております2枚のお皿の裏には
肥前古伊万里と記されてあります

ティーカップとティーポットも同様に古伊万里でございます。

日本の磁器始まりの地
有田の有田焼は400年以上の歴史があります。
明治以前、有田焼は伊万里港から海外へ輸出されたため、「(古)イマリ」と呼ばれました。
有田焼は特にヨーロッパの王侯・貴族に愛され、純金と同じ価値で取引されたとも言われています。
その後も世界中に輸出され、人々を魅了してきました。
華麗で緻密な伝統美をご覧下さい。

古伊万里のはじまり
九州北部地域は古くより「やきもの」が焼かれ、1500年代後半には、すでに唐津系の諸窯が陶器を焼いていました。1592年、大陸侵攻の野望をいだいた秀吉が、朝鮮半島を望む唐津に名護屋城を築き、多くの時を茶会にすごしました。これが近在の陶器窯にとって、茶陶の美を学び、陶芸探究の底力をつける機会となりました。このような時代・環境を背景に、肥前有田郷泉山に白磁鉱が発見され、日本で最初の磁器が焼かれました。時に1600年初頭。佐賀藩主鍋島直茂が朝鮮より連行した陶工集団の頭、李参平がその始祖と伝えられます。このことから、朝鮮出兵は別名「やきもの戦争」とも呼ばれています。白い磁肌への衝撃とあこがれと共に、有田周辺の唐津系の窯は、陶器から磁器へと転向が相次ぎ、歴史は近世へと、そして有田焼380余年の歴史は回り始めたのです。

古伊万里の魅力
有田郷で焼かれ始めた磁器は鍋島藩の保護育成と厳しい管理のもと、十数キロはなれた伊万里の港から全国に向けて積み出されました。そのため一般には「伊万里焼」と呼ばれるようになりました。これが、江戸時代の古い有田焼を古伊万里というゆえんです。なかでも、その時代感覚を旺盛なバイタリティの赴くままに、多様な絵付けで表現する「古伊万里」は、柿右衛門・鍋島各系を除く幕末以前の有田焼すべてを含んでいます。李朝の色濃い素朴な絵付けの日用品をはじめ、当時の茶人に喜ばれた「古染付」「祥瑞(しょんずい)」などの中国磁器写しは、古伊万里のなかでも初期伊万里と呼ばれます。オランダ・東インド会社及び中国貿易船で長崎から実に数百万個もの「輸出伊万里」がアジア・ヨーロッパへと渡りました。異国人物を絵付けした「紅毛伊万里」、諸大名や豪商などの贈答に使われた「献上手(けんじょうて)」から「そば猪口」まで、実にさまざまな顔を持っているのが、古伊万里ならではの魅力です。

古伊万里様式 九谷様式 柿右ェ門様式 鍋島様式について
有田焼には、大きくわけて4つの様式があります。「古伊万里様式」は、江戸の町人文化が育んだもので、自由で親しみある職人芸の花を咲かせました。有田の職人の創造性が、器ひとつひとつに息づいているのが特長です。また時代の変移にも敏感でした。古伊万里は、量的にも大量に、ヨーロッパや東南アジアへ盛んに輸出されたのです。古伊万里はおおよそ、元和(1615年)から貞享までを「初期」元禄(1688年)から延享までを「中期」、寛延(1748年)から幕末までを「後期」と呼んでいます。後期には生産が増加したものの、作品は形状、色彩ともに惰性に流れ、初期の職人の心意気は見られなくなっていきました。そして、文政11年(1828)の"有田千軒の大火"によって破滅的な打撃を受け、生産手段も資料も消失し、陶工は離散したのです。残念なことに、古伊万里は衰退の一途をたどり、明治以降、その輝きを失ってしまいます。「初期伊万里」は中国・朝鮮の古染付の模倣に始まり、試行錯誤を繰り返していました。その後に「古九谷様式」とよぱれる質の高い様式が完成されました。さらにその後、乳白色の「濁手」釉と、赤絵の美しい「柿右衛門様式」の華麗で繊細な様式が生まれました。それは国内はもとより海外においても高く評価されてきました。鍋島様式は、鍋島藩窯という特殊な運営のもとで、選ばれた原料と技術によって、形状、模様、色彩(赤、黄、緑)ともに格調高い器をつくりあげてきました

最後になりましたが、本日のオレンジケーキは私の憧れのケーキでございます。
もう~~あまりの美味しさに一切れ二切れでは足りなく3切れも
ダイエット中の私のお腹の中に入って行きました(爆笑)

生クリームやチョコレートに飽きたらオレンジのケーキは如何でしょうか?
本日の紅茶はダージリンでございます
[PR]
by charet_grindel | 2008-12-12 11:12 | ディセール desserts | Comments(0)
d0109415_1247436.jpg

眼下に広がる雲は何度か遭遇しておりますが、やはり美しいものでございます。
チェルトの森 鳴る岩地区から撮影した画像でございます。(外気温10度)

今年は昨年にもまして多くのお客様に支えて頂きました。
来年も又お一人お一人の客様と心通わせながら
お客様にお幸せな気持ちになって頂くおもてなしを
させて頂きたいと思います。

昨年はフランスコース料理を作るだけでクタクタになっていた私でしたが
今年はオーナーだけにやってもらっていました後かたづけが少し出来るように
なりました。
来年はオーナーやアルバイトの方にも心を配りながらお仕事出来る
私になるのが目標です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・お客様からの声・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おいし~いネェ
こってるネェ
一流ホテルの味よネェ~・・・・


ブログオーナーより

「一流ホテルの味よネェ・・」このコメントは一流の味を知り尽くされた●●様だからこそ
言って頂けるコメントだと感謝いたしております。
小さくて夫婦二人のペンションが一流のホテルの味とご評価くださって
言葉に言えない喜びです。
今後ともお客様に一流の味を味わって頂けますよう
努力精進させて頂きたいと思います。
[PR]
by charet_grindel | 2008-12-11 13:09 | 大自然 | Comments(0)