蓼科高原  オーベルジュ  


by charet_grindel
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2014年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

とても美味しかったです

d0109415_10344287.jpg


今年最後のクリスマスディナー
チェルトの森 ご近所様 開業以来ずっとご贔屓にしていただき、
とても感謝でいっぱいです。

最後のノエルは グラサージュ・ノワール 漆黒のチョコレートでコーティングしました。

そしてポアソンは鱸のサフラン風味のナージュ仕立て海老添え 

ナージュとはベルモット酒と香味野菜のお出し 白ワインを加えて煮だしたブイヨン(魚介類)の中で調理し煮詰めバターや生クリームで繋いだ調理法でございます。

日本には無い味わいでございます。

今年も沢山のお客様にシャレーグリンデルを愛していただき 心からお礼をもうしあげます。

来年も宜しくお願い申しあげます。
[PR]
by charet_grindel | 2014-12-30 11:11 | お客様の声 | Comments(0)
フランスで長く愛されたデザート 
チョコレートのソースの代わりに、チョコレートのデコール
グランマルニエの香りで仕上げてみました。
d0109415_2226233.jpg

[PR]
by charet_grindel | 2014-12-25 22:28 | ディセール desserts | Comments(0)
どうしても!! グリンデル X’mas special dinner を!

急にお休みがとれたのでどうしても・・・

熱烈なご予約をいただき、大変有り難くお受けさせて頂きました。

本日のベリーヌは ビーツの他にアボカドとカリフワーを入れてみました。

そして 一押しはポルト酒を効かせたフォアグラのテリーヌには、市田柿(木の剪定から摘果・収穫・干し柿)自家製のドライフルーツを添えてみました。

d0109415_2385555.jpg


d0109415_2393437.jpg

[PR]
by charet_grindel | 2014-12-23 23:10 | お客様の声 | Comments(0)
:*:・’゜☆.:*:・’ .:*:・’゜☆’ .:*:・’゜☆’ .:*:・’゜☆’ .:*:
  シャレーグリンデルでの優雅なクリスマスディナー
.:*:・’゜☆’ .:*:・’゜☆’ .:*:・’゜☆’ .:*:・’゜☆’ .:*:・’゜

【カップルにお勧め】グリンデル X’mas special dinner 2014
をオフィシャルHPで御覧いただき長野のオーベルジュなら
ここしかないと言ってお見えいただきました。

本日の優雅なメニュー
一つだけ画像に納める事ができましたのでUPさせて頂きます。

Beats de gelée et mousse
ビーツのゼリー&ムース に黒胡椒を効かせたローストビーフを
トップに並べ、金泊でおめかし
d0109415_22135230.jpg

[PR]
by charet_grindel | 2014-12-21 22:13 | お客様の声 | Comments(0)

雪のシャレーグリンデル

d0109415_14275286.jpg


現在の外気温-3.1

昨日はインフルエンザ予防注射に行ってきました。
帰ってから除雪作業を手伝いましたが、左足、膝関節に痛みを感じ大事をとりまして中止にしました。その後は違和感も無く普通に過ごしています。

本日は青空で日差しが入り雪がキラキラと輝きとても綺麗です。
やはり毎年の事ですが つららが半端でなく長く凄いです。

お写真は昨日のシャレーグリンデルの外観です。
[PR]
by charet_grindel | 2014-12-18 14:29 | 大自然 | Comments(0)
d0109415_15211913.jpg

12月に生まれた誕生を祝うお食事会を小淵沢で致しました。

d0109415_1522770.jpg

本日の外気温 -1.8度 雪が降っています。 
何とも幻想的な景色

d0109415_15231786.jpg

阿弥陀岳もすっかり雪化粧が・・
[PR]
by charet_grindel | 2014-12-16 15:32 | 大自然 | Comments(0)
東京都在住 RS様
こう言ってはなんですが・・・すべて美味しくてびっくりしました。

ブログオーナー
この度はシャレーグリンデルの
【カップルにお勧め】グリンデルX'mas special dinner 2014
をご利用いただき本当にありがとうございます。

そして何よりも今回もお客様から、大きな喜びと感動をいただきました事を、心からお礼を申しあげます。
登山を目的としたご旅行中にも関わらずドレスコードを大切にされる姿勢にまず敬意。
盛りつけやお皿等にも目を留めて有り難いお言葉を沢山いただきました。
そして最後にお料理に大変高い評価を頂きとても感激でいっぱいになりました。
満面の笑顔がとても忘れられません。

是非、又のご利用をお待ちしております。

スペシャルディナーのお写真がとれなくてとても残念なのですが、今回の一番の特徴は
特性のサーロインです。 そしてクリスマスにはノエル!! (下の画像に一部写っています)
そしてトリュフの(ペリゴール風ソース)ソースも最高に美味!!

スポードブルーイタリアンでお紅茶をたしなむ!
d0109415_1312054.jpg

銅版転写の味わい深いブルーが人気の理由の一つ
英国の窯なのになにゆえ「イタリアン」と言うのでしょうか?とても疑問に思っていましたら スポードを買ったお店に書いてありました。それは、パターンの原画となったオランダの画家(フレデリック・モーヘロン)の絵が当時の1600年代後半のローマ近郊の風景を題材になっているから。・・と
すでに整備されていた地下水道のためのローマ建築の建物と水道橋、牛に水浴びをさせたり草を刈る男女が描かれています。
そのイタリアの情景と伊万里写しの装飾模様の縁取りが違和感なくマッチするのはブルーの濃淡だけで表現されるからこそ だという事らしいでのです。
それにしても、陶器なのでとても温かい感じがして毎日のように嗜んでいますが、驚く事に茶渋が付きにくいような気が致します。

紅茶のお作法でティーナプキンはとても小さくカットワークされたものが一般的なようです。
ナプキンリングやデザイン折りはしないとの事です。
カトラリーはマザーオブパール アフタヌーンティーでは先が丸いものを使うらしいのです。
百合子先生を見よう見まねでセッティングしてみました。(笑)


d0109415_13124262.jpg

[PR]
by charet_grindel | 2014-12-15 14:15 | お客様の声 | Comments(0)
d0109415_151390.jpg


フランス語でノエルが「クリスマス」、ビュッシュは「木、丸太」で「クリスマスの薪」の意

蓼科の森に落ちている小枝を拾い集めリボンで結い上げている・・想定

別立てのビスキュイ生地をトヨ型に入れました。

中はアールグレイの紅茶のムースにフランボワーズの赤い実を入れています。

セイロンティーでお召し上がりください・・

d0109415_1514190.jpg

[PR]
by charet_grindel | 2014-12-13 15:15 | ディセール desserts | Comments(0)
d0109415_13594132.jpg

フランス料理とは別に私の中にある英国式の朝食
少しお調べしました所、良く目にするテーブルセッティングは19世紀から20世紀あたりのクイーン・メアリスタイルとの事でした。磁器ではなく陶器と言うところ、繊細さより丈夫であったりたっぷりと紅茶が入るカジュアルで実用性である事が感じられます。

以前は何もわからず、買い求めておりましたが、いろいろと、理解した上で揃えてみますと、ワクワクしたものを感じます。ブルー&ホワイトならロイヤル・コペンハーゲンかブルーオニオンあたりしか目にるす事のなかった私でしたが、英国式となりますとやっぱりMADE IN ENGLAND製は手元においておきたい所でございます。

こちらは既に破綻しましたスポード社の カミラブルー
Camillaは紅茶の取れる樹、カメリアシネンシス(お茶の木)の事です。1883年より作られているカミラは、美しい花とアラベスク模様が、スカラップの生地に描かれ、非の打ち所のない調和のとれた図柄で、豪華でありながらしっとりと落ち着いた雰囲気が特徴です。スポードのブルー&ホワイトの中でも、特にエレガントなパターンだと言うことです。

テーブルクロスはフランス伝統の柄 Toile de Jouy  (トワル・ド・ジュイ)
18世紀のデザインをモチーフとしたフランスの伝統的なデザイン、生地のことです。
かのマリー・アントワネットも愛し、誕生から200年以上経った今でも、
フランスはもとより、世界中に多くのファンがいます。

お写真の中にあるトワルドジュイは8年前に ル・コルドンブルーに併設されていました ラ・ブティックで買い求めたものです。現在はもう無くてとても残念です。

次回も同じくスポード社製の ブルーイタリアンをご紹介致します。
d0109415_1424060.jpg

[PR]
by charet_grindel | 2014-12-01 15:20 | 最近の話題 | Comments(0)