人気ブログランキング | 話題のタグを見る

蓼科高原 チェルトの森にある オーベルジュ の魅力


by charet_grindel
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ロッシェ と ビスコッティー

ロッシェ と ビスコッティー_d0109415_1451498.jpg

オーナーからのリクエストでビスコッティーを作りました。
ビスコッティーはイタリアの代表的な焼き菓子だという事でございます。

ビスコッティとは、「2度焼いた」という意味のイタリア語でイタリアの固焼きビスケットの事。
正確には、イタリアはトスカーナ地方の郷土菓子で、カントッチョと呼ばれ親しまれている。

この素朴な菓子は、オーブンで焼いたものを、一度取り出して荒熱を取り、その後、一口サイズに裁断したものを、再度(ビス)焼いて(コット)作られる。
水分がほとんどなくなるため、非常に固い反面、長期に保存が効く。そうです。

そのまま食べてもよいが、コーヒーやワインに浸して食べるのが通例。例えば、イタリアのParto(プラート)では、ビスコッティを VinSanto(ヴィン サント)と呼ばれるお酒に浸して食べるのが一般的との事。

オーナーはとてもこの堅い堅いビスコッティーが気に入ったらしく あまりほめ言葉を口にしないのに
美味しい!!と連発しておりました。(爆)

もう一つのお菓子 ボンボンショコラの一つ ロッシェ(岩石)は
辻口シェフのお菓子の詰め合わせだったと思うのですが、このロッシェがとても気に入っておりまして
事あるごとにお作りしております。

今回、別荘のマダムには、ビスコッティーよりこのロッシェが好評だったようです。
こちらはフランス菓子です。
ロッシェ と ビスコッティー_d0109415_155013.jpg

by charet_grindel | 2015-02-12 15:04 | ディセール desserts | Comments(0)