蓼科高原  オーベルジュ  


by charet_grindel
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:シャレーグリンデル( 27 )

d0109415_15451998.jpg

グリンデルの入口の立木は 銀泥(ギンドロ)と言います
葉っぱの裏側はフエルト状(産毛)になって おり
おもしろいとよくよく名前を聞かれます。建物にマッチしていると...
褒めて頂きます。


d0109415_15454008.jpg

今年はじめて知りました。薄紫のライラックの花
と~~~っても香りが良いので調べてみましたら・・
ライラックは、香水やアロマオイルの原料として利用されるように、香りのよいお花として知られています。花びらの香りには、リラックス効果や新陳代謝を高める働きがあり、ダイエット効果も期待されているほどです。

d0109415_15460868.jpg

和名 十二単(じゅうにひとえ)アジュガ(Ajuga)
花言葉は「あなたを待っています」。十二単の高貴さを漂わせる可憐な花であるとの事又はジュウニヒトエ(十二単)の名の由来は花が幾重にも重なって咲く様子が女官の十二単の衣装のようだからとか・・いずれにしましてもこの花はチェルトの森に自生しているようです。

d0109415_15464649.jpg

鉄線(モンタナ系)蕾がいっぱいです。
開いたら綺麗だろうなと想いながら、蕾をアップしてみました。



[PR]
by charet_grindel | 2018-05-22 15:48 | シャレーグリンデル | Comments(0)
d0109415_22175154.jpg

新緑の季節で唐松もすっかり青くなりました。
玄関にむかって右側のモッコウ薔薇と左の銀泥もグリンデルを彩ってくれています。

本日は別荘のマダム 順子さんが訪ねてくださいました。
お庭に佇みながら心地いい風ねとかカッコーの鳴く声を聞き、そして
八ヶ岳から流れてくるせせらぎの音、木漏れ日の中で
とりとめのない話で楽しい一日でした。

******************************
お客様のお言葉
愛知県 犬山市在住 SY様
よかったよ、又くるからね 



[PR]
by charet_grindel | 2018-05-19 22:28 | シャレーグリンデル | Comments(0)
d0109415_16090575.jpg
蓼科高原オーベルジュ シャレーグリンデル
館内に薔薇が飾られました。

フレッシュで沢山の薔薇を 
お客様のお部屋や通路やエントラスに
 

[PR]
by charet_grindel | 2018-04-27 16:12 | シャレーグリンデル | Comments(0)
d0109415_21493743.jpg

シャレーグリンデルのミステリアスなクリスマスツリー
吹き抜けのエントランスに180センチのクリスマスツリー
大人のクリスマス ミステリアスな仮面を今年も飾りました。
イタリアのベネチアカーニバル風のお面が大好きで毎年飾って楽しんでおります。
d0109415_21495941.jpg

[PR]
by charet_grindel | 2015-12-20 21:51 | シャレーグリンデル | Comments(0)
d0109415_2321197.jpg


館内の薔薇 オーベルジュシャレーグリンデルの魅力

フレッシュ薔薇が入荷いたしました。
諏訪の薔薇栽培農家さまから買い求めた薔薇は館内に飾られ、お客様を出迎えるお役目をしています。

この時期にフレッシュな薔薇を見ると何ともゴージャスな印象を受けます。
[PR]
by charet_grindel | 2014-11-25 23:21 | シャレーグリンデル | Comments(0)
d0109415_16193420.jpg

ジュリア 
ミルクコーヒー色のようなミルクチョコレート色のような独特の花色で大変人気のある花でございます
少ない花弁と緩やかなウェーブのかかった開花後の花姿はとても優美で魅了されます。

d0109415_16194479.jpg


サマーサンシャイン
グリンデルの東南 テニスコート側に昨年植えられました。
今年初めて花をつけました。

d0109415_16190805.jpg
d0109415_16200271.jpg


サマースノー
昨年姫野薔薇園で一目惚れして購入しました。
アイスバーグと並んで白い花では名花
沢山の花を付ける事で大変人気だという事です。

d0109415_16201496.jpg


マイ バレンタイン
小さなミニ薔薇 沢山の花を付けます 可愛い雰囲気がとても人気です。

d0109415_17292885.jpg

ジャクリーヌ デュ プレ

悲劇の天才チェリストの名を冠した モダンシュラブ(1989年・イギリス:ハークネス作出)。
視力の衰えた彼女
が自らこのバラを香りで選んだという逸話があるそうです。
シンプルなセミ
ダブルの花弁に赤いしべが映える繊細で気品のあるバラ。夕方には花弁を閉ます。

d0109415_18503221.jpg


キャローセル
「マジック キャローセル」とは、フランス語で「魔法の回転木馬」という意味だそうです。
ふちがピンクに染まった花びらがキュートなバラです。

私的にはフランス語だと言うことでびっくり!!です。


[PR]
by charet_grindel | 2014-06-30 19:01 | シャレーグリンデル | Comments(0)
d0109415_15341858.jpg

このデザインのオリジナルが考案されたのは1700年代のことです。
東洋の磁器への憧れがよく現れた作品となっています。
シノワズリ調のパターンが多いのはそのためでしょう。

SPODE社のデザインアーカイブから採用されたリムの複雑なボーダーパターンにも注目です。

■made in ENGLAND■


ダイニングの出窓に飾ってみました。シックで落ち着いた感じが好きです。
この他にもエントランスや2階の客室の廊下のコンソールの上にも飾ってみました。

もともとシャレーグリンデルはイギリスのチューダー様式のデザインを取り入れた建物と
伺っておりましたので、今回意識して英国風・・をインテリアとして楽しんでみようと思ってます。
伝統的(トラディショナル)な味わいもお楽しみ頂けましたら幸いでございます。
[PR]
by charet_grindel | 2014-04-19 15:49 | シャレーグリンデル | Comments(0)
d0109415_14341384.jpg




   積雪 5㎝から6㎝  気温-3.9度  
   モノトーンの世界の中に赤い薔薇の実が可愛く揺れていました。

   昨日と今日は午前中2時間程雪かきを楽しみました(笑)
   閉じこもりがちになりやすい冬は雪をかいて汗を流すのが
   体に良いと思える私でございます。
   本当はお食事が美味しく頂けるから    

       

   
 











d0109415_1435090.jpg



              静寂の森の中  ときおり風が吹き抜ける音がします
              空気はさほど冷たいとは感じません・・・・もう慣れたのでしょうか・・・

              
              ここに来て7年になろうとしています。
              私の部屋から見える枯れた野薔薇とカラ松の影絵が幻想的

              切株に積もった雪にもなぜだか風情を感じる私でございます。
              幻想的な森の中より・・・
[PR]
by charet_grindel | 2012-12-09 15:22 | シャレーグリンデル | Comments(0)
d0109415_2344723.jpgd0109415_23454070.jpgd0109415_23473543.jpg
シャレーグリンデルのガーデンに咲いているバラはポールネイロン
そのガーデンテラスでブランチしたいようなテーブルが設置されました。
禁煙席と喫煙席が設けてあります。 この画像は禁煙席でございます。

日よけがパラソルだったテラスに雨や風 日差しから守ってくれるように
透明のお屋根がつきましたレースのカーテンもかかる予定らしい・・・

シャレーグリンデルのエントランスの花に蝶々がとても可愛かったので
撮影してみました。
[PR]
by charet_grindel | 2012-07-29 23:56 | シャレーグリンデル | Comments(0)
d0109415_12303962.jpgd0109415_1231628.jpgd0109415_12313719.jpgd0109415_1232477.jpg
























シャレーグリンデルのガーデンを覗くと今薔薇のアーチやパーゴラに
つるバラのつぼみが沢山ついております。

白いテラスの中にも沢山の花を咲かせ甘い香りでいっぱいになります。

オールドローズ ジャックカルティエはとても香りが高く、花ビラはロゼッタ咲き
大きいものは10㎝の大輪にもなります。
[PR]
by charet_grindel | 2012-07-05 13:02 | シャレーグリンデル | Comments(0)