蓼科高原  オーベルジュ  


by charet_grindel
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ:前菜( 5 )

d0109415_16553620.jpg
定番 TERRINE DE CAMPAGNE
田舎風のパテ
特に男性のお客様向けの定番メニューにさせて頂いております。
当館がございます蓼科高原の閑静な別荘地はハーブのタイムの群生地でございまして
ハーブを思い切りお料理に活かすことが出来、厨房の中はお肉とハーブの香りで癒され
ワイングラスを傾けたくなる私でございます。

女性にはお野菜のテリーヌが定番でございます。
#オーベルジュ
#テリーヌ
#パテ
#ワイン
#オードブル
#ハーブ



[PR]
by charet_grindel | 2018-03-30 16:56 | 前菜 | Comments(0)
d0109415_23354635.jpg



フォアグラのテリーヌポルト酒風味

本日のプレートは名古屋在住の伊藤華づ枝先生のFBで一目惚れ
早速に、お手配賜り本日ご披露の運びと相成りました。

早速、当館定番のポルト酒風味のフォアグラのテリーヌをプレゼン
させて頂きました。
[PR]
by charet_grindel | 2015-03-19 23:37 | 前菜 | Comments(0)
全国的に桜満開の中、蓼科高原の桜が満開になるのは5月の連休前後でございます。山つつじ・山ざくら・そして唐松の芽吹きがみられるようになります。新緑の蓼科高原は格別でございます。
※画像は爽やかな春の訪れを新しいグラスに 赤いパプリカとカリフラワーのフォンダンとアボカドクリームで体に優しいフレンチ 前菜でございます
d0109415_2122957.jpg

[PR]
by charet_grindel | 2014-04-06 21:04 | 前菜 | Comments(0)
d0109415_2012414.jpg

ブログのテリーヌ作りの記事を見てご来館下さったお客様が見えて
真剣にテリーヌを作る気持ちになりました。

今回も、お塩を通常のレシピの割合より4グラムも控えて作りました。
今度は背脂も少し控えてみようかなどと思っています。
あんまり控えるとしっとり感がなくなるし、パサパサでは美味しくないし
難しいところです。

今回はたっぷりの月桂樹の葉と自家製タイムを使い薫りの良いテリーヌに仕上げました。

実際のお食事の時にはたっぷりの蓼科高原野菜を付け合わせますので・・・

昨日作ったテリーヌを切り分け冷凍庫へ保存した後は注文のアップルパイを作りました。

なんでも・・普通の店で買えないからとの理由で注文いただきました。

よく考えると直径20㎝ 1( ̄。 ̄)ホ~~~~ルのパイ(編み上げパイ)は
あんまり見たことないような気もします。

その後は、やっと お庭の手入れにも気がまわるようになりました。

せっせと雑草取りに励む日が続きそうです。笑
[PR]
by charet_grindel | 2007-05-19 20:24 | 前菜 | Comments(2)

テリーヌ

d0109415_1484451.jpg
田舎風のテリーヌ 古典的なフレンチ 家庭料理だと聞きました。
以前作った時に美味しいって言ってましたので思い出して作ってみました。
材料をそろえるのが少し面倒でしたが運良く取り扱いのお店があり助かりました。

コニャックを入れるのにヘネシーを使いました。 お酒は詳しくないので平気です


d0109415_1413142.jpg

ハーブは網脂の下に置く方が良いようです。

この後1時間以上オーブンの中に入れました。
できた~~~っと!!感激で直ぐに味を見て マイウー!!

形は少し変でしたが味は一流(うそ~笑)だと思います うふふ



 シャレーグリンデルへ
[PR]
by charet_grindel | 2007-02-20 14:19 | 前菜 | Comments(0)